メッセージ
あなたのみことばは, 私の 足のともしび, 私の 道の 光です.
詩篇 119:105

水戸第一聖書バプテスト教会
日曜礼拝メッセージ​

担当:武井俊孝

「教会はキリストの花嫁」

聖書本文;エペソ人への手紙5:22~24/メッセージ題目;「教会はキリストの花嫁」  私の親戚一族は、母と兄、そして私が教会に通っていた以外には、キリスト教会とはとんと縁がありませんでしたが、あることをきっかけに、キリスト教会というものにちょっと好意的になりました。それは私が大学生のとき、いとこが、軽井沢のチャペルで、結婚式を牧師先生の司式で挙げたときのことでした。  もちろん、いとこはクリスチャンではなく、そればかりか、教会に通った経験さ

続きを読む »

教会はキリストのからだ

エペソ1:23「教会はキリストのからだ」 小噺をひとつ。最近の高齢化社会、病院の待合室はお年寄りばかり、まるで常連さんのお年寄りの談話室のようになっています。耳を傾けてみましょう。こんなことを話しています。「今日、高橋さんが来てないねえ。」「うん、どっか悪いんだろうねえ。」 こんな冗談もあります。テレビを見ても新聞広告を見ても、健康食品や健康器具の宣伝ばかり。健康になりたい。健康でいたい。健康のためなら死んでもいい。 冗談ばかりでくどいです

続きを読む »

教会とは何か

聖書箇所;コリント人への手紙第一1:1~3/メッセージ題目;教会とは何か  うちの教会の日曜礼拝は今年に入ってから、ヨハネの黙示録を中心に学んでまいりました。それは、コロナ下という世相の中で、世の終わりというものを意識する私たちが、みことばをベースにいかに生きるかを追求する思いで本文を選ばせていただいたからでした。  しかし、私自身がメッセージ作成のために学びを続けているうちに、世間の雰囲気は変わりました。このようなウイルスの流行に一刻も早

続きを読む »

「さばきの日、わざわいの日」

聖書箇所;ヨハネの黙示録8:1~13/メッセージ題目;「さばきの日、わざわいの日」 今年初めに発行した年報や月報をご覧いただきますとお分かりのことですが、私が今年に入って「ヨハネの黙示録」の講解をすることにしたことには、いまコロナ下ということで、世の終わりというものをとても感じさせるご時世であり、このような時代にあって、世の終わりについて詳しく綴るヨハネの黙示録から学び、世の終わりに備えていこう、という大きな目的がありました。 ヨハネの黙示

続きを読む »

「キリストのほかには何も知るまい」

聖書箇所;コリント人への手紙第一2:1~5(新p328)/メッセージ題目;「キリストのほかには何も知るまい」  このメッセージの原稿に取りかかる朝、私は娘たちと、あのマンガの『ドラえもん』の話をしていました。私自身が『ドラえもん』を読んで育ってきたために、『ドラえもん』はわが家の食卓では共通の話題と

続きを読む »

知恵あることはなんて愚かなんだろう

聖書箇所;コリント人への手紙第一1:18~31/メッセージ題目;「知恵あることはなんて愚かなんだろう」  今日の礼拝メッセージのタイトルはパロディです。何のパロディかぴんときた方は、1970年代のフォークソングに通じていらっしゃる方だと思います。これは、早川義夫という歌手の、『かっこいいことはなんて

続きを読む »

「教会は一致して十字架に歩む」

聖書;コリント人への手紙第一1:10~17/メッセージ題目;「教会は一致して十字架に歩む」  私が教会に通うようになったのは、母に連れられてでした。外国人宣教師から英語を習っていた母はやがて、教会に通いたいと強く願うようになり、行った先は埼玉の北本にある教会でした。母は幼いころ、聖公会のクラシックな

続きを読む »
保守バプテスト同盟

TOP

保守バプテスト同盟 水戸第一聖書バプテスト教会

〒311-3116 茨城県東茨城郡茨城町長岡3652-171  / TEL : 029-291-0992 / mitofbbc@yahoo.co.jp

Copyright (C) 2019 www.mitofbbc.com. All Rights Reserved.