メッセージ
あなたのみことばは, 私の 足のともしび, 私の 道の 光です.
詩篇 119:105

水戸第一聖書バプテスト教会
日曜礼拝メッセージ​

担当:武井俊孝

初めの愛

聖書箇所;ヨハネの黙示録2:1~7/メッセージ題目;初めの愛 むかし、日本独自のキャラメルの製法を編み出した森永太一郎という人物は、クリスチャンでした。そんな彼の信仰を反映して、彼の創業したお菓子の会社は、天使のマークなのだということです。 そういうこともあるからでしょうか、私の印象では、一般的に日本では、人々はキリスト教の象徴として天使にとても馴染んでいるように思えます。しかし、実際に聖書を読んでみますと、天使――新改訳聖書では「御使い」

続きを読む »

初めであり、終わりであり、生きているキリスト

聖書箇所;ヨハネの黙示録1:9~20/メッセージ題目;初めであり、終わりであり、生きているキリスト 創造主なる神さまが私たち人間に書かれた聖書のみことばは、この世界には終わりがあることを語っています。私たちは今自分たちが生きている世界に対して、いつまでも続くものだとか、そもそも終わりがどうなるかわからないから考えたくもない、などと思ってはいないでしょうか? しかし聖書ははっきりと、この世界はいずれ終わることを語っています。 だから私たちは、

続きを読む »

再臨に向けて

聖書箇所;ヨハネの黙示録1:1~8/メッセージ題目;再臨に向けて  今年2021年の年間テーマは「イエスさまを迎える準備をしよう」とさせていただきました。  昨年は新型コロナウイルス流行に世界は揺れに揺れ、いやでも人々は終末というものを意識しました。しかし私たちクリスチャンは、この終末、世界の終末というものは、神さまがもたらされるものということを信じ受け入れています。  私たちがもし、イエスさまの再臨を待ち望んでいるならば、すなわち、イエス

続きを読む »

「『その日』が近づく私たち」

聖書箇所;ヘブル人への手紙10章25節/メッセージ題目;「『その日』が近づく私たち」  昨年来の新型コロナウイルス流行は、戦後最大の危機を日本のキリスト教会にもたらしたと言えましょう。なにしろ、集まって礼拝をささげなくなっただけではありません。礼拝のために集まらないことが当たり前になり、さらには、集まらないことが、これほど正当化されたことがあったでしょうか。  新しい生活様式、などとよく言われましたが、新しい生活様式というものは、私たちキリ

続きを読む »

「イゼベルが毒そうとも」

聖書箇所;ヨハネの黙示録2:18~29/メッセージ題目;「イゼベルが毒そうとも」 今日の箇所には「あの女、イゼベル」という表現が出てまいります。前回のメッセージの箇所で問題にされたのはバラムでしたが、今回はイゼベルです。今回も旧約聖書の箇所を参照しながら、黙示録のみことばを学んでまいりたいと思います

続きを読む »

「悔い改めるのは私たち」

聖書本文;ヨハネの黙示録2:12~17/メッセージ題目;「悔い改めるのは私たち」 笑い話などというべきではないエピソードを、まずご紹介します。それは戦時中、クリスチャンが天皇にまつろわぬということで迫害された時代のことです。牧師のような多くのクリスチャンが警察に連行され、厳しい取り調べを受けました。

続きを読む »

「献身する聖徒の祝福」

聖書箇所;テモテへの手紙第一3:8~13/メッセージ題目;「献身する聖徒の祝福」  今日は、コロナ下の教会総会の開催される日ということもあり、特別ヴァージョンのメッセージをいたします。長くいたしません!  本日の箇所、テモテへの手紙第一3章8節から13節は、それまでの7節の監督の条件、すなわち、教会

続きを読む »
保守バプテスト同盟

TOP

保守バプテスト同盟 水戸第一聖書バプテスト教会

〒311-3116 茨城県東茨城郡茨城町長岡3652-171  / TEL : 029-291-0992 / mitofbbc@yahoo.co.jp

Copyright (C) 2019 www.mitofbbc.com. All Rights Reserved.