コラム

コラム・ザ・ゴスペル040 2020.10.4

Author
mito
Date
2020-10-04 12:30
Views
2898
先週の月曜日、私は、大学時代からお世話になっている同労者Sさんに久しぶりにお会いし、旧交を温めました。この方のことは以前もこのコーナーでご紹介しましたが、牧師として以前に、クリスチャンとしていかに歩むべきか、その大事なご指南をくださる方なので、お交わりを持ってくださるのはとても感謝なことです。

聖書、特に旧約聖書の登場人物は、多くがライバル関係にある者たちですが、例外的に熱い友情を分かち合った友人関係として、ダビデとヨナタンを挙げることができます。

一説によれば、ヨナタンはダビデよりも10歳ほど年長だったそうです。そんな年長の王子、王位継承権第一位にある者が、しがない羊飼いの年端もいかない八男坊を生涯の親友にするとは、大変なことです。ヨナタンの心がダビデに結びついたのは、ダビデが石つぶてひとつで巨人ゴリヤテを倒したからでしたが、このときヨナタンは、歴戦の勇士の証しである自分の武具をダビデに与えました。これはまるで、ダビデよ、おまえはこれから戦場に赴いて、数限りない戦いを体験する、そうなったら、石投げのような羊飼いの道具では戦えまい、一人前に剣を帯び、よろいかぶとを身に着けよ……そう言っているかのようです。

ヨナタンが自分にとって、いのちの次に大切な武具をダビデにプレゼントしたなら、この武具の特性をだれよりも知りぬくヨナタン自身が、手取り足取り、その上手な用い方をダビデにレクチャーしただろうことは想像に難くありません。年長の闘士が年少の闘士を鍛える、この関係は、ダビデとヨナタンの昔にあったように、現代にも存在します。私は、ダビデなどと名乗るべくもありませんが、私のことを一人前の働き人にしようと、多くの方々が私のことを鍛えてくださいました。その中でもSさんのような方は、私にとっての「ヨナタン」とお呼びしてもいい方なのかもしれません。

さて、そうなったら、私のすることは、私がヨナタンとなって、次の世代の「ダビデ」を興すことです。私たちもみなそうすることで、働き人の系図は脈々と受け継がれていくはずです。
Total 242
Number Title Author Date Votes Views
242
週報フォトエッセイ 2024.3.24
mito | 2024.03.27 | Votes 0 | Views 89
mito 2024.03.27 0 89
241
牧会コラム週報版 179 2024.3.24
mito | 2024.03.27 | Votes 0 | Views 85
mito 2024.03.27 0 85
240
週報フォトエッセイ 2024.3.17
mito | 2024.03.27 | Votes 0 | Views 86
mito 2024.03.27 0 86
239
牧会コラム週報版 178 2024.3.17
mito | 2024.03.27 | Votes 0 | Views 81
mito 2024.03.27 0 81
238
週報フォトエッセイ 2024.3.10
mito | 2024.03.12 | Votes 0 | Views 135
mito 2024.03.12 0 135
237
牧会コラム週報版 177 2024.3.10
mito | 2024.03.12 | Votes 0 | Views 125
mito 2024.03.12 0 125
236
週報フォトエッセイ 2024.3.3
mito | 2024.03.12 | Votes 0 | Views 134
mito 2024.03.12 0 134
235
牧会コラム週報版 176 2024.3.3
mito | 2024.03.12 | Votes 0 | Views 119
mito 2024.03.12 0 119
234
週報フォトエッセイ 2024.2.25
mito | 2024.03.01 | Votes 0 | Views 161
mito 2024.03.01 0 161
233
牧会コラム週報版 175 2024.2.25
mito | 2024.03.01 | Votes 0 | Views 160
mito 2024.03.01 0 160