コラム

週報フォトエッセイ 2023.11.26

Author
mito
Date
2024-01-22 16:15
Views
102

「礼拝堂庭の夜明け」

 聖書には、朝というものの記述がたくさん出てきます。創世記1章のはじめから、「夕があり、朝があった」とありますが、神さまが最初に天と地をつくられ、そして「光あれ」とおっしゃって光ができたとき、それは「朝だった」わけです。また、ヨハネの黙示録の終わりには、この世界が終わったあと神さまが用意されている新天新地の様子が描かれていますが、これはもはや夜がなく、それこそ聖歌の「世の終わりのラッパ鳴り渡るとき」の歌詞によれば、「とこよ(永遠)の朝」です。聖書とは、朝に始まり、朝に終わる書物と言えます。

 私は、主日の朝早く礼拝堂に到着し、東の空から木々を透かして朝日が昇り、夜が明けて朝になっていくのを見るたびに、心躍ります。詩篇90篇14節にはこうあります。「朝ごとに/あなたの恵みで満ち足らせてください。/私たちのすべての日に/喜び歌い 楽しむことができるように。」朝の恵みは日々味わうもので、私たちは特に、イエスさまが復活された曜日である日曜日、主日の朝に、神さまが私たちに日々くださっている恵みを覚え、心からの感謝を礼拝という形でおささげする者となりたいものです。今日、小林先生をお迎えして、ともにみことばの恵みをいただけますことに感謝します。

Total 228
Number Title Author Date Votes Views
228
週報フォトエッセイ 2024.2.4
mito | 2024.02.07 | Votes 0 | Views 74
mito 2024.02.07 0 74
227
牧会コラム週報版 172 2024.2.4
mito | 2024.02.07 | Votes 0 | Views 68
mito 2024.02.07 0 68
226
週報フォトエッセイ 2024.1.28
mito | 2024.01.31 | Votes 0 | Views 83
mito 2024.01.31 0 83
225
牧会コラム週報版 171 2024.1.28
mito | 2024.01.31 | Votes 0 | Views 63
mito 2024.01.31 0 63
224
週報フォトエッセイ 2024.1.21
mito | 2024.01.22 | Votes 0 | Views 122
mito 2024.01.22 0 122
223
牧会コラム週報版 170 2024.1.21
mito | 2024.01.22 | Votes 0 | Views 108
mito 2024.01.22 0 108
222
週報フォトエッセイ 2024.1.14
mito | 2024.01.22 | Votes 0 | Views 108
mito 2024.01.22 0 108
221
牧会コラム週報版 169 2024.1.14
mito | 2024.01.22 | Votes 0 | Views 99
mito 2024.01.22 0 99
220
牧会コラム週報版 168 2024.1.7
mito | 2024.01.22 | Votes 0 | Views 105
mito 2024.01.22 0 105
219
週報フォトエッセイ 2024.1.1
mito | 2024.01.22 | Votes 0 | Views 108
mito 2024.01.22 0 108