コラム

牧会コラム週報版 138 2023.5.28

Author
mito
Date
2023-07-05 22:07
Views
632
「ディボーション篇 その9」

 聖書本文を読んで、神さま(御父、御子、御霊)がどのようなお方であるかを発見したら、その次にすることは、そのみことばがどのような教訓を与えているかを発見することです。

 言うまでもなく、私たちが日々聖書をお読みするのは、教訓をいただくためです。聖書とはどのような書物であるかということは、新約聖書・テモテへの手紙第二315節から17節に語られているとおりです。「聖書はあなたに知恵を与えて、キリスト・イエスに対する信仰による救いを受けさせることができます。聖書はすべて神の霊感によるもので、教えと戒めと矯正と義の訓練のために有益です。神の人がすべての良い働きにふさわしく、十分に整えられた者となるためです。」

 この中で、「教えと戒めと矯正と義の訓練のため」とありますが、私たちが教えられ、戒められ、矯正され、義の訓練を受けるのは、神の人としてすべての良い働きにふさわしくなるうえで、十分に整えられた者となるためです。バプテスマを受けてクリスチャンと呼ばれるようになれば、それで自動的に、クリスチャンとしてふさわしく整えられるわけではありません。

 何ごとも訓練が必要です。その、人生これ訓練の生きる指針を、私たちは毎日、みことばをお読みすることによって教えられます。何が罪なのか、何を避けるべきなのか、何を実践すべきなのか、どんな模範が聖書に登場しているのか、そういったことは聖書を読めば必ず発見できるものですが、その中でもひとつの教訓を取り上げ、掘り下げます。その聖書の事例は自分にとってどんな教訓となっているのか、黙想して、いただいた教えを書き留めるのです(ここでも、ディボーションのためのノートの存在が重要になってきます)。

 注意すべきことは、聖書の内容に即さない教訓を導き出さないようにすることです。それは最初のうちは難しいかもしれません。最初のうちは先入観がそのまま教訓になってしまう可能性があります。しかし、場数を踏めば、その本文が語ろうとしていることが、必ずつかめるようになります。あきらめないで、毎日取り組んでまいりましょう。

Total 261
Number Title Author Date Votes Views
261
週報フォトエッセイ 2024.6.9
mito | 2024.06.09 | Votes 0 | Views 234
mito 2024.06.09 0 234
260
牧会コラム週報版 188 2024.6.2
mito | 2024.06.02 | Votes 0 | Views 289
mito 2024.06.02 0 289
259
週報フォトエッセイ 2024.6.2
mito | 2024.06.02 | Votes 0 | Views 268
mito 2024.06.02 0 268
258
牧会コラム週報版 187 2024.5.26
mito | 2024.05.28 | Votes 0 | Views 230
mito 2024.05.28 0 230
257
週報エッセイ 2024.5.26
mito | 2024.05.28 | Votes 0 | Views 203
mito 2024.05.28 0 203
256
牧会コラム週報版 186 2024.5.19
mito | 2024.05.28 | Votes 0 | Views 209
mito 2024.05.28 0 209
255
週報フォトエッセイ 2024.5.19
mito | 2024.05.28 | Votes 0 | Views 180
mito 2024.05.28 0 180
254
牧会コラム週報版 185 2024.5.12
mito | 2024.05.28 | Votes 0 | Views 210
mito 2024.05.28 0 210
253
週報フォトエッセイ 2024.5.12
mito | 2024.05.28 | Votes 0 | Views 176
mito 2024.05.28 0 176
252
牧会コラム週報版 184 2024.5.5
mito | 2024.05.28 | Votes 0 | Views 209
mito 2024.05.28 0 209